本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

簡単に音を良くする方法



このページではソロギターをする上で重要な「音」を良くする方法をご紹介しています。アコースティックギター1本での勝負ですので。。
手間をかけず良い音を手に入れる為に色々工夫してみましょう。



アコギ弦の交換
弦交換は音が明確に変わる要素の一つです。アコギ本体の形状や、ナットやブリッジの高さなどでも微妙に音は違うし、人それぞれ良い音の感覚は違うと思うので一概には言えませんが、個人的に好きなのはダダリオのフォスファーブロンズか、こちらもフォスファーブロンズのジョンピアースです。太さは好みですがライトは音のバランスが一番いいでしょう。両者とも高音はキラキラしつつも耳障りにならないし、低音は太いのにぼんやりした音にならず、どの音域もバランスが良いですからソロギター向きでとても気に入っています。これは抜けの良いアコギほど実感があると思います。

あと指離れやチューニングの精度の面でもハイクオリティーと言えます。また押さえやすさ、滑りの良さも申し分ないです。ジョンピアースは少し高価ですが使ってみるとクオリティの高さがわかります。さすが押尾コータローさんも使うわけですね。フォスファーブロンズは他に比べて少しですが錆びにも強いというメリットもあります。
でもやはり張り替えが終わったらフィンガーイーズなどの錆び止めは軽めで使っておきましょう。あと練習後には柔らかい布などで弦の汚れをとります。指で直接触れないとしても気付かないうちに弦の裏側も汚れが溜まっていく可能性があるので丁寧に拭くのが大切ですね。

ダダリオ フォスファーブロンズLight弦 販売ページはコチラ
ジョンピアース弦 販売ページはコチラ





パーツをTUSQ(タスク)に交換

グラフテック社の販売する「TUSQ」製品は、装着するアコギに合うか少し慎重に選択しなければなりませんが、アコギパーツをこういった良質な物に変更することで音を改善することができます。(ただし高級機を除く)
タスクとは人口象牙と呼ばれるもので、非常に硬質な特徴があります。見た目はプラスチックの様な感じなのですが、タスクのサドルを机などに落とすと「キーン」っという音がするように、ガラスのようなとても硬い響きがあります。
価格は効果を考えればさほど高くないです。むしろコストパフォーマンスが高い商品と言えます。

お持ちのアコギに合うものを見つけられれば交換は素人でもは手軽にできます。そして音質改善効果が高いのはナットとブリッジピンとサドルを人工象牙のタスクに変更することです。しかしすべては難しいところもあるので、とりあえずブリッジピンとサドルだけでも交換してみるのが良いでしょう。どちらのパーツも弦の振動をボディーに伝える大事なパーツになります。これらを硬質なタスク製に変更すると今まで出てなかった音の成分が音に現れてくるので、より良い音になるわけです。もしプラスチックパーツからの交換であればどのパーツでも死んでいた音がよみがえるような感覚になると思います。サドルは弦高や幅のサイズ、厚み、弦の乗る部分(ハーモニクス)の確認が必要です。

特にサドルには象牙や牛骨が高級機によく使われてきましたが、今は響きが良く加工がしやすいタスクも使われることも増えています。タスクならサドルの高さが高過ぎる場合でもサンドペーパーなどの上で擦って削ることができます。ただ底に平面を出すには多少コツが要ります。自分では無理そうであればショップなどのプロにお願いしましょう。
ブリッジピンは物によってはてっぺんに貝の装飾がされていたりするので、ちょっとしたドレスアップにもなりますね。

ナットは音質の改善にはかなり効果がありますが、かなりシビアに加工・調整・取り付けをしなければならないので、素人が交換するのはかえって音質を落としてしまう可能性がありますから、必ずプロに施工してもらいましょう。

もしピックを使う人はタスクのピックも結構いい響きが得られます。

TUSQ製品の販売ページはコチラ





グラスネイルを使う

グラスネイルとは爪の上に塗る薬剤で、爪を硬化することで爪を保護し、ソロギターの達人である押尾コータローさんのような激しいピッキングにも耐えれる爪作りができるものです。イメージ的にはマニキュアなのですがフィンガーピッキングでは音が抜群に良くなります。見た目もわかりづらいのでオススメです。これについては「ピッキングと爪のケア」のページに詳しく書いてありますので是非ご覧くださいね。




その他

アコギは精巧な木製楽器なのでやはりコンディションが良くなければ良い音にはなりません。
以下のようなメンテナンスを中心にチェックしてみましょう。

・湿度の高い環境に置いている ⇒30〜50%程度の湿度環境にする。(乾かそうと天日には当てない)
・ボディー表面の汚れや、内部にホコリ等がある ⇒汚れやごみを取り除きましょう。
・フィンガーボードの乾燥がないか ⇒オレンジオイルなどで潤いと清掃をしましょう。握りやすくなり音が良くなる
・フレット山が削れていないか ⇒リペアショップや楽器店で交換してもらう。
・弦高が低すぎてビビりが出てないか ⇒サドルなどで調整する。
・買ったばかりの新品 ⇒弾きこんであげれば音が熟成されていく







ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ