本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

ピッキングと爪のケア。

このページの前半はピッキングについて、後半は爪のケアについてご説明しています。
ソロギター演奏者としてはどちらも重要事項になりますよ。


ピッキング

ピッキングとは弦を弾いて音を出すことです。弾き語りのようなスタイルの場合は「ピック」と言う

アイテムを用いてストロークしながら音を出したりしますが、ここでは指や爪を使って単音で音を出していく

「フィンガーピッキング」について解説してみたいと思います。



まず大切なのは弦と使う指についてです。6弦あるアコギの弦をどの指に割り当てて弾いていくかという

お話です。これは人によって様々な違いがありますが、ある程度どの指でどの弦を弾く、というのがあると

演奏の効率が高まり、ミスしにくくなりますのでルールを作っておきましょう。

一般的には次のように4種類の指に割り当てるのが理想とされます。

1弦・・・薬指
2弦・・・中指
3弦・・・人差し指
4弦・・・親指
5弦・・・親指
6弦・・・親指

ポイントはベース音(低い音の弦)は親指を動かして弾く、逆にメロディーラインである高音はそれ以外で

弾くというところだと思います。親指は3つの弦を行き来することになるのですが、動かしやすい指なので

練習ですぐ慣れますので心配いりません。1〜3弦はそれぞれの指をきちんと使って弾きます。同じ弦を

連続で弾く場合でもルールに沿って同じ指で弾くようにします。ただし早く連続で弾かなければならない

場合は人差し指と中指などの2本使いで交互に弾いて対応します。

すべての弦を弾くストロークなどの場合には人差し指や中指を使うのがいいですね。小指はボディーに

付けながら演奏する方もいれば、そうしない方もいらっしゃいます。そこは自由でいいと思いますが、トップ

板の振動という面で言えば付けないのが理想ですね。そのほうが僅かに失われる響きが減るためです。







爪のケア

【爪の切り方】

まず、フレットを押さえる左手の爪は短くケアしておくのが鉄則になります。

そして大切なのは弦を弾く右手の爪です。短すぎると上手く弦を弾けないだけでなく、輪郭がない小さな

音になってしまいがちです。なので適度に長さを保ちましょう。


適切な爪の長さというのは、指の長さなど人によって異なるので一概には言えませんが、だいたい指先から

2〜3ミリほど出てるくらいがバランスが良いと思います。これは通常の生活の中では若干長めになるため、

他のものをキズつけたりしないように注意が必要です。

また、爪を切るときは「爪切り」でもいいのですが、爪質によっては切るのと同時に割れることもあるので

なるべくヤスリなどで削りましょう。

どのような形で削るばよいかというのは色々試してみて決めて欲しいですが、オススメはトップがちょっと

長めで、両サイドが若干短めにするパターンです。引っかかりが少なく、いろいろな奏法に対応できます。



【爪のコーティング】

爪のコーティング方法についてです。爪をコーティングして割れたりピッキングによる爪の減りや痩せを

防止する方法があります。オススメは「グラスネイル」というコーティング方法です。これは押尾コータローさん

も使用しています。要するにマニキュアみたいな液体を数種類塗ると瞬時に自分の爪を厚く、そして硬くして

くれるという優れものです。慣れると5分くらいで準備できますし、硬い爪は良い音も得ることができます。

透明・無臭なので普段付けて学校や仕事をしていてもOKです。

しかし練習量によりますが、早ければ1週間くらいで剥がれたり、割れたりします。グラスネイルは高いもの

ではないですがコストはかかります。頻繁に使ううちに面倒に思うことも少なくありません。しかし自分の爪を

保護しながら伸ばしたりできますし、音も良くなるのはメリットではあります。

2週間に1回ペースで使う僕の感想ですが、トライアルキットで半年は使えました。その後一部の薬剤が終えた

ので無くなったものだけ買い足しながら使っています。なので一度試してみてもいいかもしれませんね。




最近では傷んだ爪の補修ジェル類も販売されていますね。注目は「Dr.Nail DEEP SERUM(ディープセラム) 3.3ml」という製品が興和から発売されています。寝る前に綺麗に洗って乾いた爪に塗るだけなので簡単ですよ。そうすると傷んだ爪に薬液が浸透し、ダメージを内側から補修して、強く健やかな爪に導くネイルクリームとなってます。爪が割れやすいとか、爪が薄い、爪の縦すじなどに使えますね。爪をすこやかに保つ・爪を保護する・爪にうるおいを与えるがこれで可能になります。グラスネイルとこれを使えばより力強いフィンガーピッキングが可能です。







                                      >>次のページTAB譜とは?

ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ