本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

ピックアップの種類と特徴。


ソロギターを楽しむ上では生音をマイクで拾う以外に大きな音を出力するにはピックアップを付けるのが良いです。もちろんエレアコであればその必要はないのですが、生アコギの場合は後付けで装備する必要があります。

ピックアップで音を拾ってアンプなどから出力することでダイナミックな演奏ができるようになります。例えばライブなどで大きな音が必要な場合は必須とも言えます。またエフェクターを使うこともできるし、レコーディングでも張りのある音が得られたりします。そしてそういった電気的に音を拾うには沢山の方法があります。それぞれの特徴と、どんなメリット・デメリットがあるのかをご紹介しますので、それらを理解しながらご自分に合った好みの方法をとりましょう。



■マグネチック・ピックアップ

コイルが巻きつけられた磁石です。アコギのサウンドホールあたりに取り付けて、そこから弦(金属弦)の振動を電気信号に変換して出力します。音を拾う仕組みはエレキギターの要領とほぼ同じです。アコギ用にセッティングされ、様々な種類が販売されています。ソロギターにも適しており、人気があります。

【メリット】
・張りのある音が手に入ります。特に低音が豊かになる傾向がある。
・電気的に弦振動を拾うため、エフェクトのかかりがとても良いです。
・他に比べてノイズが少なく、ハウりずらい利点があるのでバンド使用もOK。

【デメリット】
・弦鳴りのみ拾うために、ややエレキっぽい音になりやすい。
・取り付けるものによってはアコギに加工が必要になります。
・サウンドホールの隅に取り付けるため、その重さでトップ板の振動を若干妨げる恐れがある。



■コンタクト・ピックアップ(貼り付けピエゾ、コンタクトピエゾ)

トップ板の裏あたりに貼り付けて、圧電素子によりトップ板の振動を電気信号に変換して出力します。場所を変えて1箇所ないし2箇所くらい使うことがあり、こうすることで高音側と低音側からバランスよく音を拾うことができます。ソロギタープレイヤーでは使用する人が多いです。

【メリット】
・板の振動を拾っているのでボディーヒットの音を拾うことが出来る。
・エアー感を出せるのでリアルなアコギの音を出力できる。

【デメリット】
・使い方によってはハウることがある。
・貼り付け場所によっては良い音が得られない。
・プリアンプがないとパワー不足の感じがある。





■インブリッジ・ピエゾ・ピックアップ

エレアコに装備されていることが多いポピュラーなタイプです。サドルの下に細長く、薄く加工されたピックアップによってサドルに伝わる振動を音に変えます。しかし独特の音は賛否分かれるところです。

【メリット】
・小さく薄いため無駄なスペースが必要ない。
・サドル下への設置の為、トップ板の振動を妨げない。
・ハウりに強く、ボリュームもそこそこ出せるのでバンドでも使える。

【デメリット】
・サドル、ブリッジ周辺の音を拾うことになるので、若干ペラペラした音になりやすい。
・若干だがブリッジなどへ穴あけ加工が必要になる。



■エア・マイク(内部コンデンサーマイク)

コンデンサーマイクを楽器取り付け用に小型化したもので、通常はアコギ内設置して箱鳴りを拾います。。
音はリアルになり、繊細なタッチをするソロギターではかなりの武器になる可能性があります。

【メリット】
・うまく付ければアコギの持つダイナミックな音をリアルに表現することができる。
・取り付け場所を変えればアコギの音だけでなく、ボディーヒットやフレットへのタッチ音なども拾える。

【デメリット】
・ハウりにかなり弱いので他の楽器と一緒だとかなり注意が必要。
・余計なノイズが乗ることも多い。


■その他

マグネットタイプなのにボディーヒット音も拾うピックアップというものがあります。
例えばL.R.BAGGS ( エルアールバックス ) の「M1」という商品です。こちらは弦振動+ボディー振動も拾ってくれるので、ただのマグネチックピックアップよりも良いかもしれません。配線が気にならなければ本体加工なしで取り付けられます。また、これにプリアンプが搭載された「M1アクティブ」というのもおすすめです。

また、マグネットタイプの力強さとコンデンサーマイクの繊細さを併せ持つピックアップもあります。現在使っている中ではかなりオススメなので特設ページで紹介してみたいと思います。⇒コチラ(レアアースブレンド)


ピックアップ使って音を出す場合は、アコギ用のアンプが必要です。
拾音が弱い場合はプリアンプ(増幅器)などが別途あるとよいです。(アンプやピックアップに搭載されていればOK)





                                    >>次のページエフェクターの種類


ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ