本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

アコギの各パーツと働き。

ソロギターに必要なのはアコギですね。こういった楽器の上達にはその楽器の各パーツについて最低限は知っておく必要があるので、ここでは各種部品について解説してみたいと思います。以下のそれぞれのパーツの働きについて覚えておきましょう。(一番下部の画像と番号をご確認ください)

1.ヘッド
上部にある頭の部分です。弦を巻き取るペグが通常6個設置されています。メーカーのロゴなども入っている場所です。また、固体によってはヘッドの一部にトラスロッドと呼ばれる鉄の棒が格納されている場合があります。ネック内部に続くこのトラスロッドをレンチなどで回すことでネックの反りを調整することができます。


2.ペグ
糸巻きのように弦をクルクル巻いて固定する金属パーツです。通常は6弦なのでペグも6個あり、左右に3個ずつ配置されるのが一般的です。良いペグはチューニングを安定させ、音(高音)にも僅かに影響を与えることになります。交換することも可能ですがショップなどで相談して進めるのが良いでしょう。


3.ネック
ヘッドとボディーをつなぐパーツで、この上に指板(フィンガーボード)が設置されることになります。演奏時に握って弦を押さえる支えになるので、ネックの形状は演奏性能と直結します。メーカーやモデルによって太さや形状、幅が異なります。自分で触れてみて握りやすいものを選びましょう。そしてネックの材質は音にも若干の影響があると言われています。


4.ナット
サドルとともに弦を支える台にあたります。弦がズレないように等間隔に溝が掘られています。この溝の切り方でも音質が暖かくなったりシャープになったりします。素材としては牛骨や人口象牙(タスク)、プラスチック等が使われ、やはり材によって音質が変わります。ここを変更するには個人ではやや無理がありますので楽器店などに相談して調整してもらいましょう。


5.ボディー
弦振動を受けて音を共鳴・増幅させるための箱です。一般的にはトップ、サイド、バックの板で構成されています。板は単板(ソリッド)と合板(ラミネート)があります。ボディーの形状をはじめ、ここで使われる材や木の組み方、塗装などで音質や個性が決定します。大きい・小さい、それぞれで特徴がありどちらがいいのかとは一概には言えません。ただ、自分のソロギター演奏でどんな音を出したいかというところでボディー形状はよく選んだほうがいいと思います。


6.指板(フィンガーボード)
ネックに張られる板で、直接指が触れる部分になります。ポジションマークという目印が打たれていたり、音程を調整するためにフレットという細長い金属が打ち込まれています。素材はローズウッドやエボニーが使われることが多いです。手の汚れがつきやすかったり、乾燥してしまったりしやすいパーツになるのできちんとメンテナンスしていきましょう。


7.フレット
指板に打ち込まれた金属製の棒です。長年弾き続けると減ってしまったり、くすんできてしまったりします。しかし少々お金はかかりますが全て打ち変えることができます。ちなみに、フレットの素材や太さ、高さによっても音のレスポンスが違ったり、弾き易さも変わります。


8.トップ(表板)
弦を弾いた後ブリッジから伝わる弦の振動をボディーに共鳴させる大切な部分です。 (アコギの表面の板です)スプルースやシダーなどの木材が一般的ですが、この板が単板なのか合板なのかでアコギの強度と音質の善し悪しが分かれます。さらに厚みや材質で倍音の多さや、甘めな音になったり、歯切れの良い音になったりします。時間と共に変色したり浮いたり割れたり様々なことがおきる可能性があります。弾くたびにチェックしていきましょう。また、後で交換することができないパーツなので最初によくチェックしましょう。


9.バック(裏板)
ボディの裏の板になり、こちらも音に影響を与えるとされます。主にローズ・ウッド、マホガニー、ハカランダ、メイプル、コア等の木材を使用されます。 バックからはアコギ特有の残響が放出されていきます。


10.サイド(側板)
ボディーの横を囲む板になります。ボディの厚みになる重要な板です。 使われる材はバックと同じようなものが多いです。サイドやバックのみ合板のアコギも数多くあります。出来ればこちらも単板を選びたいものです。




11.ピックガード
ストロークやピッキングによってトップ板が擦り傷がつかないようにボディーに付けられている薄い板です。プラスチック製のものが一般的ですが、べっ甲製や透明のタイプなんかもあります。赤や黒などの色が多く、模様もさまざまです。


12.バインディング
ボディーの縁を装飾したり保護する役割でつけられた縁です。プラスティック製や木製のものもあり、付いていると高級感があってかっこいいですね。どちらかというと高級ギターに設置されていることが多いと思います。
また、同じような意味で指板の縁もバインディングが施されるものもあります。


13.サウンド・ホール
弦振動が板に伝わってボディー内部で音が膨らんで、それが溢れ出てくるのがサウンドホールです。
通常はトップ板の真ん中に空けられていることが多いですね。マイクもここに向けて拾うのが基本になります。
モノによっては真ん中に空いていなかったり、サイズもそれぞれ違います。


14.サドル
ナットと同じく、弦を直接支えるパーツです。材質もほぼ同じような感じで、交換が可能です。その場合はサイズや厚み、向きなどにに注意しましょう。モノによっては自分で加工して低くすることができ、演奏性や音質を調整できるパーツの一つです。ただバランスを間違えると音のビビリやが発生したり、弾きにくいギターになってしまいますので注意です。長さ、厚み、材質でサスティンや高音の伸びが変わります。一般的には牛骨、タスク(人口象牙)、プラスチックなどが多く使われます。


15.ブリッジ・ピン
ブリッジに挿しこんだ弦を固定する為に装着するパーツです。プラスティック、金属、エボニー、タスクなどでできています。 これを変えるだけでも少しですが音が良くなったりします。例えば、プラスティックからタスク(人口象牙)にしただけでも高音の響きが良くなります。安価で手軽にチューンできるパーツのひとつです。


16.ブリッジ
サドルがのっている台座部分のことで、トップにくっついているパーツです。そのため、弦の振動を直接ボディに伝える役割ももっています。 ローズウッドやエボニーなどの木材がよく使われます。こだわりで交換したりしたくなるのですが、とても変更が難しいパーツでもあります。


ストラップピン(画像なし)
ストラップを装着するときに使用する器具です。ライブなどで立って弾くには専用のストラップを使用します。
通常はお尻部分に付いたストラップピン(エンドピン)とヘッドの2点でストラップを付けます。モノによって
ボディーに専用ピンがあるものもあります。ちなみにソロギターライブは座る派と立つ派に分かれますね。


エンドピン(画像なし)
底部にある止め具で、ストラップの片側をかける時に使います。通常は金属製のものが多いですが木製や水牛の角などの素材のものもあります。場合によってこのエンドピンをはずして穴をあけて、ピックアップを搭載したときのジャックを付けることもあります。穴あけを行う場合はショップなどで相談するのが良いです。


アコギのパーツ確認用番号入り






                                 >>次のページ弦の張り方とチューニング

ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ