本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

押尾コータロー奏法。

ソロギタープレイヤーはご存じだと思いますが、人気アコースティック・ギタリスト、押尾コータローさんの奏法について考えてみましょう。押尾さんのプレイはあまりに素晴らしいです。とってもアクティブです。例えばボディーヒットやネイルアタック、タッピングハーモニクスなど、初心者にとってはなかなか難しく思うものも少なくありません。でもコツをつかんでしまえば意外と簡単になるでしょう。

押尾コータロー奏法ができるようになるとかなりカッコいいし楽しいのでハマることは間違いないです。できるものからで良いのでステップアップしていきましょう。
それではソロギターの代表的なテクニックと、サウンドメイクなどを見ていきましょう。



■ストローク
ここで言うストロークとは、ピックを使わない爪でのピッキングです。爪でのストロークの基本は弦の上で手のひらを開いたり閉じたりするような動きでダウンストロークとアップストロークをします。そのときメインでピッキングするのは人差し指や中指ですが、複数の指を同時に使ってじゃんけんの「グー」と「パー」を繰り返すイメージがいいと思います。そこに少し手首のスナップを付け加えるのがコツです。ただし、長時間激しく動かすフレーズの場合、爪を少し長めにしておき、コーティングをしておくほうがよいでしょう。



■タッピング・ハーモニクス
これは押尾さんが「叩き系」と呼ばれる所以になったものでしょうか?これはハーモニクスポイントを右手の中指などで叩いて6弦全てのハーモニクスを鳴らすテクニックです。ハーモニクスポイントとは、レギュラーチューニングであれば7・9・12フレットなどが代表的です。これらのフレットの上を上手く叩くと、澄んだハーモニクスを和音的に鳴らすことができます。しかし実際には6弦や5弦は実音が鳴ることが多く、フレットを打った音も鳴ってしまいますが、練習をするとノイズは軽減することができます。







ネイルアタック
デコピンをするような要領で「チャッ」というアクセント(ノイズのようなもの)を出します。主に中指や薬指で1〜4弦あたりを打つことが多いと思います。よく出てくるのはネイルアタックでダウンストロークした後の戻りでアップストロークを続けるパターンです。ストロークとネイルアタックが混ざっているようなイメージです。なのでネイルアタック後に次の音をすぐピッキングする練習を積むと応用が利くように思います。それとリズムを刻むように使われることも多いのでテンポよく打てることも必要です。



■ボディーヒット
アコギのボディーをパーカッション的に使用してリズムを生むテクニックです。例えばストローク中に右手の手の平でサウンドホール上あたりを打ってドラムで言う「バスドラ」のような音を表現します。また、高いフレットの適当な部分を人差し指、中指、薬指の3本で叩いて「スネア」の様な音を混ぜることもあります。これと手のひらでの低音を組み合わせるとドン、パン、ドン、パン、、、というようにリズムが生まれます。スラム奏法とも呼ばれますね。これに加えてストロークしていくので一人何役もこなしているようなサウンドを奏でることができます。例えばダウンストロークと同時に手のひらを打って、アップして、フレット叩いて、アップして、手のひら打って・・・・のようにやるとそれなりのダイナミックさを出すことができます。比較的最近の押尾プレイにもでてきますね。最初は習得はなかなか難しいかもしれませんが、ゆっくりと練習しましょう。



■サウンドメイクについて
押尾さんの音は、アコギからピックアップ、ミキサー、エフェクター、時にはベースアンプなどを介して放出されます。レコーディングなどの時はコンデンサーマイクなどを幾つも使ったり、ラインの音とも混ぜたり様々です。
とりあえず押尾サウンドを手軽に再現するのに肝となるのはアコギ本体とピックアップとエフェクターでしょう。

まずアコギですが、初期はドレッドノートタイプ(グレーベン、マーチン、ギブソン等)の大きいサイズのアコギを多用していましたが、最近では小ぶりなボディーのものもよく使っています。ドレッドは低音に迫力があるのでボディーヒットしたときの「ドンッ」という音を出すのには良いのです。
ピックアップは、マグネチックピックアップがいいでしょう。本当はコンタクトマイクなどをブレンドするのがいいですが、なかなかお金がかかります。オススメは「機材の紹介・解説」メニューにあるように、「レアアースブレンド」がオススメです。これはミニコンデンサーマイクとマグネチックが一体化したピックアップで、マグネチックだけでは拾えない、ボディーヒットの音も拾いますから、音がとてもリアルなのです。プリアンプ(音の増幅機)もついている点もいいですね。
次にエフェクターですが、アコギ用の「リバーブ」は必須です。薄めにかけることで味がでます。さらに「コーラス」もあると尚よいです。こういった空間系エフェクターを使うと押尾サウンド的なニュアンスが生まれます。音に広がりが出て、ソロギターが上手く聞こえることにもなります。







ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ