本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

アコギの持ち方・構え方。

アコギの持ち方と構え方を知っておこう。

ソロギター演奏では座って弾いたり、ストラップを使って立って弾いたりすることができますが、ここでは椅子座って

弾く場合について考えてみたいと思います。


まずは適当な椅子を用意して座ってみましょう。一緒にアコギをギタースタンドに立てかけて用意しておきます。

座りましたらアコギ持ってを抱えてみます。右利きの方なら左手でネック、右手の腕でアコギを抱えて、指先は

サウンドホールあたりの弦の付近に下ろします。右肘の内側がボディーに乗せる感じです。ただ右腕の状態は

アコギボディーの形状や大きさによって変わりますが、基本的にはこれで良いです。そしてネックは少し上向き

に構えることで良いピッキングができます。


またアコギのボディー下部にあるくぼみを右足の太ももの上に乗せるのが良いです。この時高さが必要であれ

ば足を組んでみるのもいいかもしれません。このあたりは自由でOKです。安定したフォームを見つけましょう。


もし安定しなかったり弾き難く感じる場合は「踏み台」と呼ばれる専用の台に足を乗せることで解決する場合が

あります。踏み台が無くとも適度な高さの箱などで代用できるかもしれません。


それから、背中がまるまらないように姿勢を正すのが良いでしょう。そして肩や腕をリラックスさせて無駄な力が

入らないようにすることも大切ですが、アコギがぐらぐらしない程度に上手く固定しましょう。


ちなみに床で弾く場合はあぐらだと弾き易いですが、ライブステージなども踏まえて椅子での練習が良いです。






                                   >>次のページピッキングと爪のケア


ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ