本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

メンテナンスをしよう。

当然ですがソロギターの練習をするとアコギのボディーや弦には汚れが付きやすいです。そして弦が汚れるとサビにより寿命が短くなったり、早い段階で音が悪くなりがちです。そこで、良い音を楽しむために練習後には簡単なメンテナンス(お手入れ)をすることをオススメします。とりあえず、以下のような心構えと適切なメンテナンスを続けることで、いつも気持ち良く練習できるようにしましょう。

メンテナンスに対する心構え
ソロギタープレイヤーにとってアコースティックギターは命です。値段など関係ありません。
常に大切にお手入れをします。良いメンテナンスは良い音を生みます。
しかし最強のメンテナンスは「毎日弾くこと」です。
弾くことでアコギが成長しますし、ネックの負荷が減ります。
弾いてあげることで楽器の特徴を知り、それを活かす演奏が生まれると思います。
無駄なキズは絶対に避けたいですが、練習でできたキズはカッコイイと思っています。  以上です。。




カラ拭き
まずは汚れてもよいクロスで弦をカラ拭きしましょう。カラ拭きというのは濡らしたりせず、乾いた布だけで拭く
いう意味です。塗れた物で拭くのは、湿気に弱いアコギ本体や弦にとって非常によくありません。
必ず乾いたクロスで弦に付いた手の汗や脂などを拭き取ります。一本ずつ拭いてあげましょう。

次にボディーも別の柔らかいクロスで拭いてあげます。ネックやボディーを優しくカラ拭きしていきます。
時間があればペグなどの金属部分も磨くと尚良いでしょう。こうして色々なところを拭いているうちに
コンディションなども確認します。例えばヒビが入ってないか?とか、ネックが異常に反ってないか?などです。
とにかく練習した後は最低でもカラ拭きだけはしてからケースにしまうのを基本にしましょう。


フィンガーイーズ
毎回でなくても良いですが、弦の錆防止と手の滑りを良くするために「フィンガーイーズ」というスプレーするのも
良いです。使用する場合はティッシュやクロスにスプレーして、必ず弦のみつけるようにしましょう。それ以外
に付いてしまったらよく拭いておきましょう。このスプレー、実は効果が高いです。サビに強くなり、弦の寿命が
だいぶ伸びます。さらに、手と弦の摩擦を減らしてくれるので、いつもより滑らかに指が動きますよ。
安いので1つ買って新品弦から使いましょう。しかし滑りが良いからといって塗りすぎは禁物です。
TONE・フィンガーイーズ/Finger ease

TONE・フィンガーイーズ/Finger ease
価格:410円(税込、送料別)


オレンジオイル
弦交換の時でいいのですが、フレットの乾燥を防ぐのとクリーニングの為にオススメなのがオレンジオイルで
す。これをフレットにかけてしばらく後にクロスなどで拭き取るだけで、良い香りとともにフレットに溜まった汚れ
をとってさらに保湿をしてくれます。保湿は指板やフレットのトラブル(割れ・ヒビなど)を防ぐ効果があるので、
特に乾燥する冬などには定期的に塗ってあげるのが良いです。似たものにレモンオイルというのもあるのです
が、ほぼ同等の効果がありますのでどちらでもOKです。指板もこれらでメンテすることで、とっても気持ちよく
演奏できますよ。できれば木がむき出しになっている部分だけに使用しましょう。塗装部分などに塗るとトラブル
が起きる場合があるためです。


湿度調整剤
これはギターケースに入れて使います。ケース内の湿度が足りなければ出し、多ければ吸うという優れたアイテ
ムです。よく楽器屋さんでも使っていますね。単なる除湿剤よりも高性能で、湿気や温度・湿度の変化に弱い
デリケートなアコギには必須アイテムと言ってもいいです。ソフトケースにしまっている方はあまり効果がわから
ないかもしれませんがハードケースの方は用意されてはいかがでしょうか?
見た目は少々地味ですが効果は高いです。
湿度調整剤(除臭・除菌剤入り)ギターペット

湿度調整剤(除臭・除菌剤入り)ギターペット
価格:713円(税込、送料別)



長期保管方法
基本的に1週間以上弾かない時は湿度調整剤を入れたケースに保管します。できれば押入れなどではなく、
湿度や室温の安定した日の当たらない場所が良いです。この時に大事なのはすべての弦をペグで1回転程度
緩めておくことです。張りっぱなしの状態だとネックに負担がかかりすぎる場合がある為です。使用頻度が高い
通常時はペグを緩めなくてOKです。気になるようであれば半回転程緩めるといいでしょう。但しスタンダードチュー
ニング以外のテンションのあまり高くない設定をしている場合は加減が必要です。
乾燥する冬場や梅雨のシーズンは特にネックのコンディションに要注意です。場合によってネックには順反り、
逆反り、波打ち、ねじれ、などの症状が現れてしまうことがあります。これらを予防するためにネックを真っすぐに
固定するアイテムが「ストレートキープFREE」です。もし心配であれば使ってみるのもいいと思います。こちらは
ある程度のスケール幅に対応していますので便利ですね。






                                    >>次のページ人気のアーティスト



ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ