本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

Larrivee(ラリビー) OM-03SP



つい先日、モデル名「Larrivee OM-03SP」というアコギを買いました。ラリビーはカナダの有名アコギメーカーですね。そのなかでもローコストモデルの中古を10万円で買いました。もちろんコンディションは最高です。


ラリビー OM-03SP
<かなりシンプルなルックスです>


表板には目の詰まった単板スプルース、サイド&バックにキリッとした単板サペリを採用した、OMボディのアコギになります。店員は「OMタイプはジャンルを問わずお使いいただけるため、演奏の幅が広がります」とは言うものの、自分は音色だけで選んだ次第です。なぜなら、気に入った音でないと弾く気持ちにはならないからです。



シンプルなヘッド
<ラリビー自慢のヘッドインレイすら省かれたローコストなヘッド>


サペリ材はマホガニーに似たような音になるようですが、さすがラリビー、安っぽくなく、しっかりした美しい木目の良い材が使われています。(良い材を手に入れられるのはラリビーは材木の卸もやっているからだそうです)音は明るく繊細なトーンがありますね。音の分離もよく、音的なトータルバランスに優れているのでソロギターにはとても良いのではないかという感じがします。特に艶やかな高音はたまりません。高級ギターに並ぶポテンシャルを感じます。普段やりませんが、ピックでストロークすると物凄い鳴りです。弾きかたりにも良いのかも。



スプルースも良い材が使われています
<スプルースはかなりよいそうです。それは音でも感じます>


またこのモデル、ローコストバージョンというコンセプトがあるようで、ラリビーお得意のヘッドインレイやサウンドホールのインレイがシンプルだし、指板のマークも極小で、全体的に無駄が無いように仕上げられています。でもいくら価格を抑えようとも造りや木材の材質は間違いないと思います。その辺りは手を抜いていません。それは見た目でもわかりますし、音でも感じます。フォルヒも弾きますがどちらも素晴らしいです。それぞれに良さがありますね。(今はラリビーに没頭中)



サぺリもしっかりした材に見えます
<サぺリも木目の整った美しいものでした>


そしてラリビーと言えば弦のテンションが高めとは聞いていましたが、確かに張り詰めていると思います。音質を追及するメーカーはテンション感を求める、と言います。構造上、弦のテンションが高いと確実に音にも表れてきます。テンションの掛かったトップ板は大きく響き、ふくよかな音を奏でます。ただやはり、少し押さえる力が必要で弾きにくくなりるのは確かです。それと引き替えに張りを持った美しいサウンドが鳴ります。それこそが他にはないラリビーらしい音とも言えます。そういうデザインに設計されていると思います。このラリビーも最初は弾きにくく感じましたが、すぐに慣れ、今ではとても気に入っています。弾き込んでいくとどうなるか楽しみです。



ラリビーの音は本物です!
<なんだかんだ、音が良ければいい。>


そう思っていたある日、レギュラーチューニングから1音下げたチューニングにした時に感じたのですが、ものすごく弾きやすいんです!苦戦していた色々なフレーズがスラスラ弾けます!
でも、、明らかに音がレギュラーのほうが大きく、張りがあり、澄んだ音がしてて、あまり下げたくなくなりました(笑)悩ましい。。「ガラスの音」と称されるラリビーの高音がすてがたいのです。
音程の低いチューニングにしたとしても他のアコギよりもテンションは高いと思われます。つまり変則チューニングにしても音質が保ちやすいアコギ?という感じです。意外と弦のテンションって大事なんですね。音色にとても影響のある要素です。



指板もシンプル。でも音は良い!
<指板もシンプル。極小なドット・・・>


とりあえず自分はレギュラーチューニングの高いテンションから放たれる張りと艶のあるサウンドで楽しみたいと思いました。アコギの調整次第ではテンションが高くてもある程度弾きやすくなるという情報もありますので、今後研究してみたいと思います。


試しに録ってみたYOUTUBE動画も良ければどうぞ。
「ほっこり班」というアカウントでアップしています。



ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ