本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

最低限準備する物。

アコースティック・ギター
まずソロギターの主役であるアコギ本体ですがお持ちのものでまったく構いません。欲しい方新しくセットなどを買ってもよいし、長い目で見て予算の範囲内でちょっと良いものを購入されてもいいと思います。大事なのは実際ご自分の手に持ってみて弾きやすい事と、そのギターに愛着が持てるか?好みの音であるか?ということだと思います。ですのでエレアコでも生アコギでもいいし、新品でも中古でもいいと思います。

ただ、メロディーをより引き立たせるようなソロギターに適したギターはあるのでそれは後のステップで紹介していますが、最初から参考にして頂いても良いかもしれません。もしこれから気合入れて練習していくのであれば5〜10万円くらいの低めの予算を設定しておくのもいいと思います。あまりお金をアコギにかけないのは、ピックアップなどの他にもお金をかけたほうが良いアイテムもある為です。絶対これじゃなきゃダメ!ということはありませんのでそこはご自身の好みなども踏まえて考えてみましょう。


スティール弦
弦の太さはいくつかの種類があります。太い順にヘビー、ミディアム、ライト、エクストラライトなどがあり、ライト弦のタイプは割と細めなので指がまだ慣れないギタリストには良いです。
一般的に太いほど大きな音と低音が出る半面、押さえにくいです。(指が痛くなりやすい)
逆に細い弦になる程に音量は小さくなりますが、繊細でレスポンスが高く、なにより弾きやすくなります。

弦の種類は大まかにこんな種類と特徴があります。
・ブロンズ…使われている成分が、銅:すず=80:20の弦です。綺麗なゴールド色の弦になります。バランスのとれた音。
・フォスファー・ブロンズ…ブロンズ弦に「りん」を混ぜた合金で、ブロンズより赤みを帯びています。煌びやかな音。
・コーティング弦…寿命を延ばす為に特殊なコーティングを施した弦。価格は高いですが交換の手間が減ります。

スティール弦は月に1度ぐらいの頻度で交換する消耗品ですので、コストパフォーマンスに優れ、音が良く、
そして弾きやすい太さのライトゲージを選びたいですね。例えばダダリオのフォスファー・ブロンズのライトなどが
フィンガーピッキング向きでソロギターでの使用感も良いと思います。


チューナー
チューナーとは、アコギに張った弦の音程を調整するときに利用するものです。開放弦(何も押していない状態)の音程を整えないと、いざ押さえて弾いたときに綺麗な和音にならなくなってしまいます。弦を張り替えた時や、普通に練習していても音程は微妙に狂ってしまうものです。これは弦が振動したりするうちに伸びることや、温度や湿度によってアコギ自体の伸縮するといった理由があります。そのため使う頻度がとても多いものなので、表示が見やすく、クリップ式のコンパクトなものが良いです。安く手に入るので必ず買いましょう。スマホのアプリでもありますね。


メトロノーム
メトロノームとは一定のテンポを刻み続ける機械です。これに合わせて楽曲を練習するとテンポの乱れない演奏が身についていきます。テンポが速くなったり遅くなったりしてしまうと上手に聞こえなくなってしまうので、ある程度弾けるようになったらテンポも意識します。ライブなどの本番ではイヤホンなどを利用して聴きながら演奏できなくもないですが、あまり格好よくありませんね。普段から正しいテンポをキープできるようにしておくのがベストです。ちなみにこれもあまり高いものではないのでいずれ手に入れましょう。


楽器用のクロス
楽器用クロスは必ずご用意ください。なぜならば練習後は必ずボディーと弦に付いた汚れを拭きとっていくからです。これは良い音を保つために必ず必要になります。最低でも2枚は常備してボディー拭き用と弦拭き用を使い分けてください。
バイオリンなどにも使われるセーム皮などがおすすめです。これで乾拭きするのがお手入れの基本になります。


教本
ソロギターを始める時になにか一つでも教本は持っておくべきです。フォームやギターコード、テクニック、練習曲などの情報が充実しているものを選びたいです。初心者の方がいきなり「ソロギター曲集」のようなものは見てもおそらく読み込めずに挫折してしまう恐れがあります。なのでまずは上記したようなものに加え、TAB譜でそして詳しい解説付きのものが良いと思います。





                                  >>次のページアコギの各パーツと働き

ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ