本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

弦の張り方とチューニングの方法。

ここではソロギターをするにあたり、アコギに弦を張る方法やチューニングの方法をお伝えします。張り方はいくつもありますが、できるだけ簡単でチューニングの安定する張り方を挙げてみたいと思います。チューニングは音源も
載せているので参考にしてみてください。


弦の張り方

、まず新品の弦を用意して、古い弦をはずして指板やヘッド、ボディーなどの汚れを取っておきます。

、ブリッジピンをはずして、無くさないようにしておきます。この時ストリングスワインダーでサドル
  を支点にしてテコの原理的に引っこ抜くとスムーズです。それと弦を切るためニッパーを用意します。

、6弦(1番太い弦)を袋から出して、リングのある端をブリッジの穴に入れます。(逆は尖っているので注意)
  2〜3p入れたらブリッジピンを差し込んで、少しだけ引っ張ってボディーに引っ掛けておきます。

、次に予めペグの穴を弦の来る方向に回しておき、弦に捻じれがない状態でペグの穴に通します。
  通したいペグの1つ先のペグのあたりでつまんで、そのまま狙いのペグまで戻します。
  そこで手前を左に、はみ出る弦を右にクイッと曲げて緩みを防止します。

、はみ出た弦を支えながら弦を巻いていきます。ヘッドを上から見て反時計回りに弦が巻きとられる
  ようにペグを回します。弦が下方向に綺麗に巻かれていくように注意します。
  この時先ほど挿したブリッジピンが浮いてはずれてしまいそうなら軽く押さえましょう。
  また、サドルやナットから弦がズレていないかチェックしておきます。

、ある程度テンションを感じるくらいまで巻いたら、2〜3ミリくらい残して余分な弦をカットします。
  カットするときにニッパーでヘッドを傷めないようにご注意ください。

、6弦から1弦の順に徐々に細い弦を同じ工程で進めます。1〜3弦は逆サイドになりますが、巻く方向は
  常に外側になるようにします。すべて貼り替えたらニッパーで飛び出している余計な弦を切っておきます。
  また、引っ張って伸ばしておきましょう。

  ※作業は先の細い弦を扱った作業になりますので十分注意して行いましょう。特に袋から弦を取り出す
    時などは目に入らないように気をつけてください。

  
  これでセット完了です。
  張り替え直後は特にチューニングが狂いやすいのでこまめに合わせましょう。



チューニングと音程

弦を張ったらチューナーを使って6弦すべて正しい音程にチューニング(調整)しましょう。
チューニングにはいくつかパターンがありますが、ここでは一般的な「スタンダードチューニング」を解説してみたいと思います。これはレギュラーチューニングとも言われ、数多くの曲の演奏に対応しています。まず覚えるべきチューニングです。

下にある音源に合わせて大体のピッチを合わせてもOKです。(もちろん使わなくとも良いです)
何度か弦を張ったり弾いているうちに音程の感覚が身につきますが、最初のうちはやや慎重にチューニングしましょう。
というのは、間違って巻きすぎたりすると弦が切れてしまい、お金がもったいない為です。こういった失敗をしないためにも、ピッチの確認はしたほうが良いです。慣れていない方はまず音源を利用して音程を確認することをオススメします。

それで、チューナーをアコギのヘッドなどにセットして6弦から順にチューニングしていきます。チューナーによって合わせ方がありますのでそれに従います。多くの場合、1音ずつ開放弦を鳴らしてチューナーの表示がその弦の音程になるようにペグを回して調整します。開放弦とはどこも押さえていない状態の弦のことです。まずは一番太い6弦の開放弦から合わせて行きましょう。
詳細は次のとおりです。

レギュラーチューニング(スタンダードチューニング)
サンプル音「EADGBE」 (音声が再生されます)

6弦⇒E音(ミ)
5弦⇒A音(ラ)
4弦⇒D音(レ)
3弦⇒G音(ソ)
2弦⇒B音(シ)
1弦⇒E音(ミ)

このように弦の音程を合わせていきます。6弦と1弦は同じ表記になります。
六本の弦を合わせたらもう一度6弦からすべてチェックしましょう。張りたては音程が狂いやすいためです。
ペグを巻いている途中でブリッジピンが少し浮いてきてしまう現象がありますが、そのときは押し戻します。
これでチューニングが完成しました。

狂ったチューニングのままで練習しても上達が遅くなるだけですので
できるだけ正確なチューニングを心がけて練習しましょう。



ちなみにレギュラーチューニング以外にソロギターでよく使われるチューニングとサンプルは以下になります。

サンプル音「DADGAD」


サンプル音「CGDGBD」



                                      >>次のページ持ち方と構え方


ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ