本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

ソロギター用アコギの選び方。


ソロギターに適したアコギを選ぶ基準。

ソロギター向けなアコギの選び方について、アドバイスを紹介したいと思います。しかしあくまでも参考と思っていただきたいです。ここに載せていることが全てではありません。アコースティックギターは固体によって成長しながら思いがけない様な良い音になることがあるのです。

選び方の基本として、自分の好きなアコギ、好きな音、弾き易いもの、弾きたい曲、やりたいプレイ、という所で選ぶのが正しい選び方だと思います。自分で気に入って弾くことに越したことはありません。もちろん好きなアーティストのモデルを使ってモチベーションが上がるならそれでも構わないと思います。しかしながら、どんなものが良いのか迷っている方は参考になるかもしれませんのでこのページの情報(ちょっとマニアックかもしれませんが)を予備知識的に参考にしてみてください。



ボディーシェイプ

ボディーの形のことです。一番は自分に合っていて抱えやすいことが大切です。弾き語りのようなストロークプレイよりもソロギターは繊細なピッキングが必要となり、長時間弾き続けるには自分の体型に合ったものが大切です。
また、どちらかと言えば小さなボディーシェイプのほうが音の立ち上がりが早く、繊細な音を表現することができます。ボディーが大きい場合でも、アコギのくびれがあるほうが音にメリハリが付いて、一層メロディーラインを浮き立たせることができるのでソロギター向きだと言われています。形は本当に沢山あるので一概にはどれが良いかとは言えませんが、以上のことも含めて考えてみましょう。


カッタウェイ

ハイフレットまで弾き易いようにボディーをえぐるように削ったような形状のものです。型番では「〜CT」とか「〜C」という感じで表されていることがあります。カッタウェイがあることで高位置まで弾かなければならない時にすごく弾き易いです。日本のソロギターアーティストの中でも使う人が多く、かなりポピュラーな形のように思います。カッタウェイの有無で音質が大きく変わることもないとも言われますが若干音の粒立ちが良いように感じます。







材質

アコギに使われている材質ですが、これによって向く・向かないはあまりないように思います。マダガスカルローズウッドなどの高級品は艶や響きが違いますので欲しいところではありますが、一般的なスプルースやセダー(シダー)でも全く問題ありません。自分の好きな音であればなんでもOKです。ちなみにスプルースは切れがありキラキラした音色、セダーは明るく抜けの良いサウンドと言われます。これらを使ったオール単板(無理ならせめてトップ板は単板)を選びたいところです。


ナット幅

ヘッドとネックの付け根にある弦を乗せている部品ですね。ここの幅がそれぞれの弦の幅ということになります。通常42〜43ミリというのが多いように思います。ソロギターには44ミリや45ミリが弾き易いと言われます。というのも、弦と弦の間が広いと押さえたときに隣の弦への干渉が減るので上手く鳴らすことができる為です。でも人によっては幅が広すぎるのが弾きにくい場合もありますので必ず楽器店などで引き比べてみましょう。


弦高

弦高とは弦とフレットまでの高さのことですが、弦高は低いほうが弾き易いです。低いとボリュームは下がりますが複雑な動きをするソロギターでは簡単に弦を押さえられるほうが具合が良いです。新品のアコギは好きに調整できるように高めに設定されていることも多いですが、最近ではプレイアビリティーを考えてもともと設定の低いものもあります。もし少し高くても後から調整はできますから心配要りません。


生アコギ(ノンピックアップ)か、エレアコか?

どのようなプレイをするかによります。生音重視で練習をしたり、レコーディングもマイクでするなら生ギターでしょう。逆にライブも念頭に置いたり、バンドで使うこともあったりレコーディングはLINEで行うならエレアコでもいいと思います。とりあえず生アコギで練習して、ラインで音を出したくなったとしても後付けのピックアップを搭載することもできるので考慮しましょう。最初からエレアコだと生音も楽しめないし、イコライザーなどの余計な部品も本体にくっついている場合があるので邪魔になる可能性もあります。
オススメは生アコギ+後付けでピックアップですね。

こちらも参考にどうぞ「10万円以内のアコギ販売ページ





                                 >>次のページピックアップの種類と特徴



ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ