本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

デジテック RV−7(リバーブ)



今回はDigitech(デジテック)社製、ハードワイヤーシリーズの「RV−7」というリバーブのリポートです。。
こちらはリバーブの世界で超有名な「Lexicon」の技術が詰め込まれた高品質リバーブで、プロやエンジニアからも支持されていることから名機であることは間違いありません。レキシコンのリバーブは手に入り辛いため、このRV−7がとてもいいのです。ちなみに操作性や音に拘りながらも価格は¥29,400(本体価格¥28,000)になりますが、実売1万円台で手に入ります。
搭載されるリバーブタイプはRoom, Plate, Reverse, Modulated, Gated, Hall, Spring Reverbsです。アコギはHallを使うといいと思います。



箱から出したところです。パッケージはエレキギターの絵ですがアコギとの相性もとても良いです。コンパクトボディーながら、高性能でノイズレスでクリアなリバーブが各種搭載されているので、ラックのリバーブに匹敵するグッドアイテムと言っていいでしょう。
ボディーは落ち着いた色合いで、高級感を感じます。本体の寸法は133(D)x89(W)x55(H)mmです。




剛性の高いボディーに、ちょっと固めなつまみが付いています。つまみは操作性は高く、細かく刻んで動くので音の再現性がとても良いです。ペダルを踏んだ感じは少し重いですが、安定感がものすごくあります。本体自体も544グラムほどあり、ずっしりとしています。




写真左は、誤操作防止カバー(ゴム製)を被せた本体です。右にあるのは裏側に貼るためのマジックテープです。
画像にはありませんが蛍光シールというものも付いていました。恐らく暗いステージでも視認性を高めるものでしょう。




インプットジャックです。モノラルでもステレオソースにも対応していますから、ソロギター演奏をステレオで出力すれば広がりのある演奏で表現できますよ。




アウトプット部分です。繰り返しになりますが、基本はステレオでの出力をオススメします。そのほうが音の広がりなどの性能を発揮できるからですね。深みのある響きを楽しむには絶対ステレオが良いです。




これは裏側になります。黒い部分はゴムなので滑りにくいです。
そういえばですが、エフェクトをオフしたときにノイズレスで元の音に戻ることができる機能「トゥルーバイパス」が付いているのが高級機種であることを物語っていますね。




フットスイッチ部分を開けた画像です。9Vアルカリ電池でも使えるし、9VのDCアダプターでもOKです。この中にリバーブを切ったときの残響音を残すか否かのスイッチもあります。
ふたを開けるには両サイドについたスイッチをペンなどで押すだけで大丈夫です。




操作盤のあたりです。金属製のつまみがとてもいいのです。4つしかつまみはありませんが、かなり色々なことができます。モジュレーションなんかもありますからね。少し細かく設定すればほとんどのリバーブタイプがハイクオリティーで再現できます。




最後に立たせてみました。見た目は結構かっこいいですよね。この内容、このクオリティー、この価格なら文句なしです。
ピックアップを使ったソロギターをやるなら必須ですね。このクオリティーを知ってしまったら他はもう不要です。
コストを意識する人は特にですね。これとコーラスの「CF−7」もあれば言うことなしです。
以上、おすすめリバーブの紹介を終わります。







ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ