本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

アコギのボディータイプと材質について。


ソロギター用のアコギを選ぶにあたり、ボディタイプやその材質などを知っているほうが自分好みの楽器を見つけやすいと思います。楽器は形状や種類、材質によって得られる音や、用途が微妙に違うのです。ソロギターをするという観点で、まずは大まかなボディータイプの確認しましょう。そして材質についてもざっくり知っておきましょう。


「ボディータイプ」(大きさ順)

■ジャンボ
名前の通り、ボディーのサイズがかなり大きいシェイプです。縦の長さも少々長めに作られていて、くびれから下のお尻の部分も大きくでっぱっていますので、低音もかなり響く作りになります。主にストローク中心なプレイスタイルに向きますが、フィンガーピッキングでももちろんOKです。。他に比べると音と迫力は1番ありますが、形状的に抱え辛いために長時間は弾きにくい場合もあります。またサイズが大きいと繊細なレスポンスは得にくいという特徴があります。

■ドレッドノート
「戦艦」という意味の名前の通り、くびれが少ないどっしりした定番ボディーです。ジャンボより少し小さいくらいです。高音も切れがありますが、特に低音がしっかりしている為、フラットピックを使用して歌の伴奏や弾き語りをするのに向きます。最近では叩き系なソロギターにもぴったりで、キレのある音が出せたり、ボディヒット音を簡単に出せるため人気が高いです。色々な演奏に対応できるとても魅力的なボディーシェイプだと言えます。見た目もカッコイイですね。

■オーディトリアム
ドレッドよりもやや小さい作りで、ボリュームは減りますが各弦のバランスがとても良いとタイプです。ほどよいくびれがあるため、音のレスポンスや粒立ちが良く、フィンガースタイルとの相性が良いです。低音より中〜高音がクリアに響き、メロディーを引き立てる演奏がしやすいため、ソロギターとの相性はバッチリです。女性でも割と弾き易いタイプになります。多くのフィンガーピッカーには、オーディトリアムのカッタウェイ仕様(ハイフレットも弾き易いようにボディーの一部をえぐるようにカットしてある形状)も人気があるように感じます。

■パーラー
持ち運びや取り回しが簡単な小さなギターです。トラベルギターとも呼ばれます。通常よりスケールが短かいので手の小さな人でも握りやすく、抱えやすいです。ウクレレよりは大きいですが、ボディーがかなり小さい為に音量はあまり出ません。そのかわり比較的安く手に入るし、高音の抜けが良く、きれいな音が出るため僕は夜ひっそり弾くのに使ってます。



〜バック・サイド〜
■サペリ
比較的軽く安い木材で、元気で張りのある音ですが、やや音の深みに欠けます。

■マホガニー
軽く柔らかい材質。安価な部類ですが明るく爽やかな音が特徴で、中音域の乾いた抜けの良い音は人気があります。

■ローズウッド
こちらも有名で、とても綺麗な木目の材です。落ち着いた音の深みと、しっかりとした音量を得られます。比重も割と重く、倍音やサスティン成分も多いためにこちらも人気があります。マホガニーよりも値段は高めです。

■ハカランダ
別名ブラジリアン・ローズウッドと呼ばれる稀少で高級木材です。普通のローズウッドより更に硬く、高いレスポンスと倍音、そして艶のある音を誇る最高の材です。

■メイプル
木目が何種類かありますがどれも美しい材です。非常に硬質で、響きもやはり鋭く硬いです。そのため歯切れの良いサウンドです。ストローク中心のアコギストには良いでしょう。

■コア
ハワイアン・コアがよく知られています。美しい木目を持つ硬く丈夫な材です。これも良い響きを得られますが、希少で高いものが多いです。よく高級ウクレレなどに使われています。


以上のように、一般的によく目にするものを解説してみましたが、細かくみればもっと種類は多いです。
また材質の他に、ボディの形や合板か単板か、内部補強の組み方、塗装、ネックやペグまでも全体の鳴りを決定する要因になりますから、総合判断が必要ですね。ソロギターは単音がメインですので、ストロークよりも繊細な響きが必要なのでこまかな材質もこだわりたいです。(こだわりすぎてもきりがありませんが)

ともかく、予算がゆるせば楽器は高級なものに越したことはありませんが、しかしある程度安くても良い音は得られますし、なにより自分が気に入ってこれを弾きたい!というものを選ぶほうがいいですね。必ず試奏しながら確認することをオススメします。






                                      >>次のページギターの選び方


ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ