本文へスキップ

〜ソロギターを始めよう!〜

BELDEN(ベルデン)8412 ケーブル

ソロギターでは音のクリアな出力がとても大事ですよね。なんせアコギ1本ですから。
アンプを通したときに少しでも良い音を出すにはギターケーブルを交換するのも一つの手段だと言えます。
ここでは良質のベルデン8412ケーブルをご紹介したいと思います。


ベルデン8412ケーブル1
ベルデン8412の3m×2本の写真です。
オーディオ用、マイク用、楽器用として人気のあるケーブルですがギターケーブルとしても人気があるようです。
ベルデンはアメリカのメーカーで、8412以外にも様々なモデルがありますが、8412はギターケーブルとしては一番良さそうです。カラーは黒や赤なども選べます。オーディオで使うとこれがまた高音質な音に変わります。



ベルデン8412ケーブル2
「BELDEN 8412」と刻まれています。そこそこ太さもあるのでノイズによる音の劣化があまりありません。そしてクセもありません。これは原音を忠実に表現する上で非常に大切です。やや太い音が特徴のようですが、個人的にはそこまで太い音質だとは思いませんが、少々中低音にエッジがあるように感じます。いずれにせよ非常に高品質な作りなので長さがあっても曇りが無く澄んだ音で出力することが可能です。



ベルデン8412ケーブル3
意外と大事なのがケーブルとともに必要なプラグだったりします。これが良くないとノイズや音痩せなどの原因になる場合があります。ケーブル注文時には「ノイトリックプラグ」にすることをおススメします。ちょっとしたことですが、高音質を手に入れることができます。



ベルデン8412ケーブル4
これがノイトリックプラグになります。高い信頼性と音質が特徴です。良いケーブルにするならば良いプラグもセットで考えたほうがよいですよ。見た目もかっこいいですね。ちなみに自作などもできますが、知識のない場合は必ずプロフェッショナルに製作してもらいましょう。







ベルデン8412ケーブル5
こちらもベルデン8412の別の1mケーブルです。もちろんノイトリックプラグ仕様ですが、片側をL字タイプにしてあります。なぜでしょうか?L字のほうはアコギのエンドジャックに差し込むためなのです。人によってはストレートプラグのほうがかっこいいとお思いなのでしょうけども、僕はあえて安定感というか安全性をとりました。
ケーブルは長くないほうがノイズ対策に良いという意見も多いですが、ベルデンはノイズの影響を受けにくいので少々長くても大丈夫です。短いと使いずらい事が多いのですこし余裕を持っていてもいいかもです。


ベルデン8412ケーブル6
こちらもブランド名が刻まれていますね。青いケーブルと同じ性能のものになります。部分的にケーブルを使うのではなく、すべて同じ高品位のケーブルに変えることが理想ですね。ベルデンで統一する場合に「オールベルデン」などと呼ばれたりもします。ちなみにケーブルに書かれた文字の流れる方向が出力方向にするのが一般的と言われております。



ベルデン8412ケーブル7
上のケーブルのアウトプット側のジャックになるプラグですね。ノイトリックのストレートタイプです。
間違っても初心者の方がよく使ってるようなカナレだとかクラシックプロ?などにはしないほうが良いです。。
スイッチクラフトは定番ですがモデルによって悪くないです。でもできればノイトリックでしょう!



ベルデン8412ケーブル8
こちらはL字でインプット側に使っているものです。アコギに挿した感じもとてもよく、簡単には抜けたりしない安心感があります。ちょっと大き目でゴツい感じもなかなか良いです。家でのソロギター練習にせよ、ライブにせよ、音にはこだわりたいですね。モチベーションが全然変わってきます。



ベルデン8412ケーブル9
これは両方を並べたところです。
ぜひ通常のギターケーブルとベルデン+ノイトリックを使い比べてもらいたいです。
原音に忠実なクリアな音、抜けの良さ、ノイズの無さ。アコギでなくてもオーディオスピーカーなどで使用したらかなり分かりやすいですよ。音オタクでない僕でも実感できるほどですから。



ベルデン8412ケーブル10
15センチのベルデン+ノイトリック×2の画像です。もしもエフェクターなども使う場合は細かいシールドもこれに変えることをおススメします。インプットからアウトプットまで音を劣化や音痩せから守りましょう。ソロギターでアコギの音にノイズが多いのは致命的です。それと上のケーブルは折り曲げて使っていたら少しだけ巻き癖がついてしまいました。エフェクターからエフェクターの時はあまりきつくカーブしないように心掛けることをおススメします。というかストレートタイプのプラグでも良かったと反省していますが。。



ベルデン8412ケーブル11
高級なモンスターケーブルと比べてもベルデンの曇りない音、エッジのある中低音やキラキラした高音域な感じがします。繊細なアコギの音のみで演奏するソロギターにとって、かなり良い相性だと思います。
いかがでしょう?少し太いケーブルは音もいいです。気になる方はぜひチェックしてみてください。
ソロギターを続けていると必ず音質にこだわるようになってきますので。

ご紹介したケーブルの販売は下のリンクからも見れます。
ベルデン8412ケーブルの販売はコチラ





ナビゲーション









 STEP 1 

  ・ソロギターとは?     
  ・最低限準備する物     
  ・各パーツと働き       
  ・弦の張り方とチューニング
  ・持ち方と構え方       
  ・ピッキングと爪のケア    
  ・TAB譜とは?      
  ・メンテナンスをしよう   

 STEP 2 
  ・ソロギターアーティスト  
  ・色々なテクニック     
  ・ボディータイプと材質    
  ・アコギの選び方      
  ・ピックアップの種類と特徴
  ・エフェクターの種類    

 STEP 3
  ・押尾コータロー奏法     
  ・押尾コータローサウンド  
  ・簡単に音を良くする方法  
  ・ソロギター力向上を目指す

 機材の紹介・解説
  ・レアアースブレンド(PU) 
 
 ・フォルヒ S23CRCT  
  ・ラリビー OM-03SP
  ・K.Yairi ノクターン     
  ・デジテック CF-7(コーラス)  
  ・デジテック RV-7(リバーブ)
  ・RODE NT3 (録音用マイク)
  ・ベルデン8412ケーブル  
  ・ニコアースブレンド(PU)  
  ・MIXPRO(プリアンプ) 

 その他

  ・モチベーションUP     
  ・アコギを高く売る方法   
  ・10万予算でアコギ探し  

  ・blog [アコギでソロギター]


   ↑トップページへ